美肌サプリメント

美肌サプリメント

こんにちは。エミコと申します(*^_^*)
1971年生まれ、42歳の主婦です。

 

美肌は女性の永遠の憧れ。
美しいお肌でいるだけで、周りの反応も違ってきます。
私はよく化粧品は何を使ってるの?と聞かれることが多いのですが、若々しいツルッとしたお肌は化粧品では手に入れられません。

 

美肌は内面からくるものです。

 

30歳の頃老化にショックを受け、それからずっと続けているサプリンメントをご紹介します。
お陰様で今では年齢よりも若く見られるようになりました。

 

プラセンタラックス(Lux)

 

美肌サプリメント

私がちょうど30歳になった頃、アンチエイジングにはプラセンタがいいと聞き、それ以来毎晩欠かさずに飲んでいます。
プラセンタが美肌に効果があるのは実感しましたが、やはり良い品質のものでないと効果が出ないことが分かりました。

 

プラセンタを選ぶ時は原末と品質、含有量で選ぶようにしています。
下記図のR社やH社のプラセンタよりも、プラセンタラックスの若返りと美肌効果を実感できました。

 

まずかかとやおしりなど少しガサガサしている部分はすぐにツルツルになります。
顔はいつでもしっとりと潤い、ハリと艶が改善されます。

 

プラセンタサプリメントは継続しているといつの間にか実年齢よりも若く見られるでしょう。
プラセンタ注射もありますが、サプリメントよりも高額でクリニックに通わなければいけないため、サプリメントを選びましたが、充分効果を感じられます。

 

プラセンタLux

R社

H社

美肌サプリメント

初回1,980円(90粒) 全額返金保証あり
定期購入7,980円
1粒中のプラセンタ含有量 10,000mg、コラーゲン、ビタミンB、C、E、セラミド、プロポリス、ざくろエキス

美肌サプリメント

11,550円 レギュラーサイズ (100粒)

 

1粒中のプラセンタ含有量180mg

美肌サプリメント

4,980円 (60粒)

 

1粒中のプラセンタ含有量250mg

 

善玉菌のちから

 

美肌サプリメント

美肌は腸からといいますが、腸内環境が整っていないと美しい肌には近づけないと痛感します。
以前私はかなり便秘症で肌荒れも酷かったのですが、善玉菌のちからを飲んで毎朝お通じがスムーズに来るようになりました。

 

吹き出物もみるみるなくなっていき、毛穴も小さくなっていいことづくめ。
ぽっこり気味のお腹も、平たくぺたんとなりました。スカートやパンツもゆるゆるになって本当に嬉しいです。

 

カスピ海ヨーグルトを作ったふじっこから出ている善玉菌は腸まできちんと届くから効果があったのかもしれません。
食べたものは素早く排出して、毒素が溜まらないようにするのが美肌への第一歩だと思います。
今では3日に1回のペースで飲んでても、毎日きちんとお通じがくるようになりました(*^_^*)

 

 

 

 

 

お嬢様酵素 グリーンスムージー

 

美肌サプリメント

今話題のグリーンスムージー。
今までマルチビタミンを飲んでいましたが、これを飲みだしてから一切飲まなくなりました。
これは20種類や果物を粉末にしてあって、完全に飲む栄養ドリンクですね。

 

今までこういったものは不味いという印象があったのですが、毎日3回飲みたいぐらいに美味しいです!

 

フルーティーでまるでフレッシュジュースです。

 

めちゃめちゃ美味しい(*^_^*)

 

主人は野菜ジュースなど嫌いな人なんですが、これは自分で毎晩シェイクして進んで飲んでいます。
更にお肌がツルツルになって、風邪をひきにくくなりました。オススメです。

 

 

 

粉末と牛乳をシェーカーでシャカシャカすると、こんもりと泡ができます。
美肌サプリメント  美肌サプリメント

 

 

毎朝のスキンケア

 

お肌に問題を抱えている人、例えば敏感肌や乾燥の方はスキンケア選びなどに苦労されると思います。
外側から何かを与える気持ちをぐっとこらえて、回復する肌力を養う方向に持っていきましょう。
外側からのアプローチはかえってお肌の負担になり逆効果になることがあります。

 

お肌にとってメイクは異物ですから、なるべくしないように意識してポイントメイクだけで過ごすようにすると肌トラブルからより早く回復します。
入浴時もなるべく無添加せっけんなどを選び、泡を立てて撫で洗いだけにとどめましょう。

 

スキンケアも最小限にとどめ、本来分泌される皮脂や潤いが自然に出るような状態にします。
乳液やクリームを使用して、油分で上からフタをしたような状態ですと自の持つ天然のクリームは減少してしまいます。
何万円もする高価なクリームを使っても、天然のクリームに勝るものはありません。

 

身体の内面からのアプローチと最小限のスキンケア、規則正しい生活は、地味ながら一番美肌への近道のように感じます。